• TOP
  • 製品情報
  • PSTV-600 | TV/ラジオ搭載ポータブル電源  2021年12月10日発売

製品情報




 

TVやラジオ搭載で、キャンプや車中泊の時にも、まるで自宅にいるような快適さ
”電気を持ち運ぶ時代”アウトドアや災害時などもしもの時家族を心配させないバッテリー
災害の多い国、日本!電気の復旧まで万が一の備えに。災害による避難所でもTVなどの情報取得が可能


アウトドアや災害時に情報源であるテレビを持ち出すのは至難の技でした。
しかし、近年の多くの方々が気軽にアウトドアを楽しむことが増え、また、いつどこで起こるかわからない災害に備えて、備蓄や準備をしている現代社会。

アウトドアの楽しみにプラスアルファ、気軽に『電気』と『テレビ』を持ち運ぶことができ、災害時にも『電気』と『情報源』であるテレビとラジオが、皆様の不安を和らげてくれます。
創業50周年の節目となる本年、レジャーや防災等に適した『TVとラジオを搭載した3 in 1 ポータブル電源』「Wizz Power Station TV PSTV-600」を開発致しました。

本製品の概要

ポータブル電源なのに、テレビラジオが搭載、60,000mAhの大容量バッテリーで重量も5.5kgと女性でも楽々運べます。





こんなときにオススメ!

(1)より快適なアウトドアに!
(2)災害時にもあなたの不安を和らげてくれます!
(3)ご自宅以外でのリモートワークにも!




今までになかったこのポータブル電源は、あなたの大好きなアウトドアライフをもっと快適にするために生まれた『TV搭載ポータブルマルチ電源』です。


 

女性でも楽々運べる軽さ(5.5kg)で、持ち運びは自由自在です。

テレビがあるアウトドアライフを過ごすことで、アウトドアが苦手な奥さまや、お子さまが飽きてしまった時に活躍してくれます!



アウトドアで大好きなゲームを持ち出して家族やお友だちと盛り上がったり、



炎天下のキャンプでは、ポータプル電源に繋いで、扇風機で涼んだり、冷蔵庫で冷やした飲み物を飲むことが出来たりと、キャンプ好きのあなたをより快適にすることはもちろんのこと、アウトドアが苦手なご家族も、またキャンプに行きたくなるかも?









日本では多くの自然災害が発生しています。地震、台風、大雨や大雪。様々な災害がいつ、どこで起こるか分からない現状です。
特に予測が不可能と言われているのが地震です。日本は世界でも有数の地震多発地域となります。



災害時には、大規模な停電が発生することもあり、「停電」に対する備えが必要です。大規模な停電の場合、復旧まで数日掛かることもあります。

万が一が起こってからでは遅い、3日~1週間分の備えをしておくことが大切です。
明かりやバッテリー、水分や食料など電力復旧までのライフラインを確保しておき災害時に慌てないようにしておきましょう。
いつ起こるか分からない自然災害にもしものための備えをすることが大切です!



Power Station TVは、ポータブル電源としての機能はもちろんのこと、万が一の時のためなどに本体にLEDライトが搭載されており、LEDライトボタンを押すと点灯します。(約72時間の駆動)





いつもご自宅でのリモートワークばかりでは、肩や腰が凝ってしまいがち。
すごし気分転換に涼しい木陰の下で、Power Station TVと共にお出掛けしてみませんか?あなたのリモートワークをより豊かなものにしてくれるはずです。



屋外などで長時間、デスクワークをする時にも電源を頼ることなくマルチモニターでお仕事が可能!HDMIケーブルがあればデュアルディスプレイ(マルチモニター)での作業も簡単に可能となります。屋外でのあなたのリモート作業効率を格段にアップしてくれます。



通常は、AC出力を使用してしまうとUSBポートが使えない仕様となっているなど制限がある製品が多い中、Power Station TVは、全ポートの出力を余すところなくフルに活用することが可能です!


 

(接続の一例です)

< 多様な入出力があり、リモコン付きで操作も楽々です >










 

本製品の3つの特徴!

└ 特徴1:ポータブル電源にテレビ/ラジオが搭載
└ 特徴2:防水・防塵で急な雨でもOK!
└ 特徴3:災害時にテレビ・ラジオで情報源を確保できる






テレビがあるアウトドアライフを過ごすことで、アウトドアが苦手な奥さまや、お子さまが飽きてしまった時に活躍してくれます!



アウトドアで、ご自身の大好きなゲームを持ち出して、ご家族やお友だちと盛り上がることも!



アウトドアでは、突然の天候の変化はつきものです。そんな急な雨でせっかくのポータブル電源が壊れてしまっては、元も子もありません。防水・防塵(IP44)のPower Station TVなら、そんな心配は無用です。


いつ起こるか分からない大規模な災害。

大規模災害時には、停電でライフラインが停止。基地局がやられてしまうと携帯電話が繋がりにくい、インターネットが繋がらないなど、万が一の時に必要な情報の取得が出来なくなってしまいます。

自分や家族の命を守るためにも身の危険を感じる前に安全な場所へ避難所への移動が必要です。避難後はいち早く最新の情報を取得することも重要です。

また、避難所での寒さなどの対策としても電源を活用することで凌ぐことが出来ます。



平成30年7月に起こった豪雨の時には、西日本を中心に広い範囲で記録的な大雨となり、死者・行方不明者が、豪雨災害では200名を超えるなど、各地で甚大な被害が発生しました。

これを受けて、2019年の出水期(6月頃)より、自らの判断で避難行動をとることができるよう、水害・土砂災害について、市町村が出す避難情報と国や県が出す防災気象情報を、5段階に整理し、その際とるべき行動も併せて伝えることとなりました。

 

万が一の災害時は、スマホが繋がりにくくなったり、基地局が機能せずインターネットが繋がらなかったりした過去があります。

そんな時こそ、ラジオやテレビの情報が被災や避難への大きな助けになります。
そんな時にいち早く正確な情報を得るためにもPower Station TVがあれば、家族の不安や心配を少しでも和らげてくれます。



テレビが観れて、ラジオも聞ける。
60,000mAhなので、キャンプや車中泊、リモートワークなど様々なアウトドアに重宝します!



※上記は弊社社内にて検証を行った結果であり、ご使用の機種や機器の状態によって異なります。


Power Station TV PSTV-600(TV/ラジオ搭載 ポータブルマルチ電源)



製品の内容(パッケージ内容)と各部の名称